ベンチャーマーケティング備忘録

ベンチャー企業のマーケティング業務や読書、参加イベントについて書いていきます。

【読書】MITメディアラボ所長:伊藤さん著作の「ひらめき」を生む技術を読みました

こんにちは。

雨が降ってムシムシしていますね。

本日は図書館で借りたこちらの本を読みました。

 

「ひらめき」を生む技術 (角川EPUB選書)

「ひらめき」を生む技術 (角川EPUB選書)

 

 著者はMITメディアラボ伊藤穣一さん。

伊藤さんがクリエイティブな世界で活躍する4人の相手と対談した内容が掲載されています。

対談相手の4人はクリエイターから投資家と多種多様。

 

具体的には、J.J.エイブラムス、ティム・ブラウン、リード・ホフマン、バラチュンデ・サーストン。

 

彼らに共通している要素はワールドワイドに活躍する「ひらめき」の達人たち。

 ここ最近ティム・ブラウンの本ばかり読んでいるのですが、たまたまこちらの本で目にしたときは驚きました。自分の興味がデザイン系に傾いている時期なのかもしれませんね。

 

理論より実践

最後の章では伊藤氏が対談を終え、彼らから何を学ぶかといった部分の文章があります。4人は全員が現場主義である、といった共通点があったようです。

 

理論と実践はどちらも大事ですが、最近頭でっかちになっている自分に嫌気が差していました。やってなんぼだろう、と思ってるのですが、どこかブレーキを掛けてしまっていた、というか。

 

やることでしか見えない世界もあるので、そこは忘れずにいようと思います。

ただ、やりっぱなしではなく、検証する視点も持ち合わせる事を意識しつつ、ですね。