ベンチャーマーケティング備忘録

ベンチャー企業のマーケティング業務や読書、参加イベントについて書いていきます。

【イベント】おもしろい企画ってどうやってつくるんですか?TCCトークライブvol5

こんにちは。

本日はTCCトークライブvol5に参加して来ました。

f:id:nishiogikubotan:20170630202026j:plain

 
テーマは「面白い企画」の作り方について。
4人のトークセッションで話は進行し、参加者は70人程度ぐらいだった印象です。

 

 

 

広告にとっておもしろいとは?

・目的があり、視聴者が納得できる

・ニュース性、何を聞いたら振り向いてくれるか

ガリガリ君の場合は「値上げを堂々と言うこと」広告の場合は値下げ、有利な事を言う。

・ただ、面白いだけでは、納得しない。謎解きの快感が必要

驚きと納得どちらも必要。

 

笑えるものと面白いものの違い

滑稽でなくてもいい。そうじゃない面白さもある。

ギャップは笑いになりやすいので、思考のクセはあるかもしれない

 

企画はどこから生まれますか?

トンネル方式。理屈だけで進むと行き詰る。

アイディアは理屈じゃない部分に繋がっている。全く違う部分から考えている

他人に面白さを説明する際に補足すると、ヒントになる場合がある

 

行き詰った時の抜け出し方

一旦諦める。行ったり来たりする。

ひどいコンテを考える。

 

チームで考えるコツはありますか?

先輩後輩関係なく、アイディアを出し合う。

上がる時ははっきりと分かる。ドライブが掛かる。

人数は3人までがいい。責任感が分散する。4人だと考えない人が出てくる。

 

企画が決まったあとも悩みますか?

ずっと考え続けている。極限まで面白くしたい。

 

いい広告とすごくいい広告の差は?

論理で出発しても感情に行き着かないといい広告ではない。

理屈と感情が同時に来る広告は凄くいいものになる。

 

インプットはどうしてる?

好きなものを摂取すれば、勝手に醸成される

用もないのに本屋に行く。自分が何のジャンルに興味があるかが分かる。

 

メモ程度になってしまますが、参考になれば。