ベンチャーマーケティング備忘録

ベンチャー企業のマーケティング業務や読書、参加イベントについて書いていきます。インフォグラフィックも作成しているので、定期的に更新していきます。

【読書】急いでデジタルクリエイティブの本当の話をします。を読みました

こんにちは。

以前小霜さんのセミナーに参加しましたが、今回はその際に購入した本の感想です。

  

急いでデジタルクリエイティブの本当の話をします。

急いでデジタルクリエイティブの本当の話をします。

 

 

 

著者は元博報堂のコピーライターである小霜和也さん。

セミナーの際に拝見しましたが、どっしり構えておられている印象でした。

 

こちらの著作で語られるのはプランニングにおける「Web」と「マス」の付き合い方です。

対象はクリエイター向けのようですが、十分マーケターも参考になります。

 

Webとマスを横断で戦略を練れる人材がいない

 

こちらが現状の課題と書かれています。

自分はWebでのマーケティング経験しかないのですが、こちらのみを経験すると確かに細かい数字の指標が気になります。

クリック率やCVの数字がダイレクトに出てしまうので、指標が出るのが普通、というか。

 

広告予算もCVやCTRから逆算して考えたりしますし。

 

逆にマスの方がWebを見ると、細かい数字をチマチマいじっているように捉えてしまうのもまあ、納得がいくにはいきます。

運用者としては、若干辛いところがありますが。。

 

クリエイターとマーケターは協力すべし

 

本文中に運用担当者とクリエイターは協力すべき、といった文章が書かれています。

おそらく、ココで指している運用者とは動画,SNS,リスティング広告運用を担当するマーケターだと思いますが、本当にそうだと思います。

 

各広告の特徴や文脈を捉え、クリエイターに依頼。

数字指標を提出し、結果から、仮説を立て、インサイトを抽出。次回の施策に活かせば、より効果的な広告運用が出来ると思います。

 

現状、クリエイティブと運用には若干の距離があるのかもしれません。

協力しながら、施策を展開していけば、お互いの成長にもなるはずではないでしょうか。

 

デジタル広告クリエイターの時代になる

Webとマス広告を分断するわけではなく、生活者に合わせ、統合的にプランニング出来る人間が求められているそうです。

Web広告は、グラフィックのバナー広告から、リスティングの広告コピー、再最近では、動画など手法は多様です。

そのいずれにも対応できる人材がいれば、今後活躍出来る可能性が高いのではないでしょうか。

非デザイナーがインフォグラフィックを作るとデザイナーの凄さが分かる話

こんにちは。

ここ最近、少しずつインフォグラフィックを作り始めています。

 今までで4つほど作ったりしていましたが、作れば作るほどデザイナーさんって凄いんんだな、、と思うようになりました。

 

f:id:nishiogikubotan:20170818060048j:plain

 

一緒に仕事をする他の職種の気持ちを知りたい

元々の作るきっかけはこちらの記事にも書いていますが、実は他にも理由がありました。

 

 

nishiogikubotan.hatenablog.com

 

 

「一緒に仕事をするデザイナー」の気持ちを知りたかった、というのもあったりします。

どうしても他の職種の大変さや、凄さ、というのは分かりにくい部分があると思います。同じ人間として関わるのは当然としても、どうしても職種の専門性を壁に感じてしまう時もあったりします。

相手を尊重しつつも、自分自身も専門職種としての意見を伝え、価値を生み出す仕事がしたい、という気持ちがあります。

 

自分自身もまだまだマーケターとして未熟なので、自己研鑚に励むのは当然として相手を理解しようとする姿勢や行動が必要ではないか、と考えました。

 

自分でデザイナーさんの仕事に近い業務をやってみる

自分で考えた結果、相手とのコミュニケーションは当然として、自分でもやってみよう、と思い行動に移しました。

もちろん、他の要因(他ブログとの差別化)もあります。

しかし、相手の「気持ち」を知ろうと思い、インフォグラフィックを自分で作るようになりました。

 

やってみて分かるデザイナーの凄さ

ここの部分はどこか別の機会で書こうと思いますが、やっぱ、凄いですよ。

色や配置、フォントのこだわりなど、物凄く集中力と根気が求められる仕事なんだな、と改めて感じることができました。

実際に自分で手を動かしてようやくわかる部分もありますね。

 

これからも相手の人間性と専門性を尊重し、チームとしていい仕事を心掛けていきたいと思います。

 

未経験からマーケターになる3つのパターンを書いてみる

こんにちは。

自分は未経験から転職して、営業の仕事をした後にマーケティングの仕事をするようになりました。

現在マーケティングの仕事に興味がある方向けに、未経験からどのようにマーケターの仕事をするようになったのか自分が耳にした話を書いてみたいと思います。

 

営業から部署でマーケターに

割とオーソドックスかもしれませんが、自分はこのパターンでした。

まずは、営業を1年弱経験した後に、DMやFAX送付などの業務を兼務するように。

そのタイミングでWebサイトのリニューアルを手伝い、その後運用をメインで担当することになりました。

そのタイミングで異動が決まり、正式にマーケターになりました。自分の場合は社内にマーケティングの知見がある方がいなかったので、完全に独学で学んでいったパターンです。

幅広く業務を経験させてもらい、失敗も数多くしましたが、周囲に支えてもらいいい経験が出来ました。

 

Web担当からマーケターに

ベンチャー系だとこのパターンも多いようです。

社内にWebに詳しい人間がおらず、「なんとなく」Webサイトの担当に。

業務を経て、Webの知識もついてくると上層部から「Webを活用して何か出来ないか」という話になるケースがあるようです。

そして、知識がある程度ついた状態で、運用面からのアドバイスや設計も担当するうようになり、マーケティングの仕事をしていくようになります。

 

転職してマーケターに

割とリスクは高めかもしれませんが、未経験で他社に挑戦するのもアリかもしれません。ただ、全くの未経験職種ですので、ある程度近しい業界での転職だとスムーズだと思います。

マーケティングの仕事の場合、業界に対する知識もそれなりに求められるので。

また、社風の合う合わないも、入ってみないと分からないのはギャンブルになってしまうかもしれません。

 

今回は、自分の経験も含め、未経験からマーケターになる3つのパターンを書いてみました。マーケティングの仕事に興味がある方の参考になれば嬉しいです。

 

 

【読書】デジタルの知識が欲しくてIOT入門を読んでみる

こんにちは。

前回の記事でこれからマーケティングを仕事にするなら、デジタルのリテラシーが求められる、とブログで書きました。

 

nishiogikubotan.hatenablog.com

 

ふと、思ったんですけど、お恥ずかしながら自分自身がそんなにリテラシーがないんですよね。というわけで、少しずつ知識を貯めて仕事に活かしていこうと思っています。

まず、着目したのは、IOT。AIと悩んだのですが、ここは正直、直感です。

 

まず、読んだのはこの本。

 

ビジュアル解説 IoT入門
 

なんというか、「モノとインターネット」を繋げる、という概念自体は知ってるんですけど、どのように生活に関わってくるかがイメージつきませんでした。

 読んだ内容を少しずつ記載していきたいと思います。

 

IOTとは?

そもそもIOTとは、という話ですが、これは「モノとインターネット」を繋げる事です。具体的に、IOTが生活に導入することでどのようなサービスが受けられるのか、書いていきたいと思います。

 

住まい

スマートハウスという単語を最近、聞く回数が増えているかもしれません。

自分も展示会に行くケースがあるのですが、ブースが少しずつ増えている印象です。

具体的にどのような、サービスかというと、例えば、家に着くと自動で電気やエアコンが作動。センサーが生活者の行動パターンを機会学習で学びます。

そして、生活者の生活パターンに合わせた住環境に関するサービスを提供してくれるわけです。

電力・ガス・水道のインフラだけではなく、セキュリティ周りも関係してきそうですね。

 

小売

マーケティング要素が関わるのは小売系かもしれません。

防犯カメラから、顧客の年代・性別を解析でき、データ分析に活かす商品が販売されています。

また、ビーコンによるプッシュ広告を経験した方も多いのではないでしょうか。

実店舗とWebを組み合わせたオムニチャネル戦略もIOTの一環と言えるのかもしれません。

 

IOTは以前、展示会に行った際にあまりの複雑さに何から知識を身に付ければいいか良く分からず、そのままにしてしまっていました。

しかし、Amazonがアレクサを発売するなど、デジタルとリアルの融合はもはや避けられません。そうした際に、人間が何を考えるのか、何を求めるようになるか、の変化もマーケターとして考え続けていきたいと思います。

あと、個人的にはデジタル系の知識も少しずつ身に着けて行こうと改めて感じました。

本当にあったかもしれない怖い話(ベンチャー企業マーケター編)

こんにちは。

トスさんの記事に影響を受けてマーケティングの仕事で、本当にあったかもしれない怖い話を書きたいと思います。
 

f:id:nishiogikubotan:20170815063844j:plain

 
この中の何個かは周囲で経験した人間を知ってますが、大変そうでしたね。。
ちなみにトスさんの記事はこちら。
 
 

Level1:

・広告を運用するWeb会社の方と初取引。Analytics共有するもNDAまだ結んでなかった
Mtgで自社事業についての理解の甘さを指摘される
・ドヤ顔でAnalyticsを用いた、分析結果のチームMtg。分析時期を間違っていた。。
・市場調査をフェルミ推定で出す。報告するも、そもそもの元データが危うくやり直し。 
 

Level2

SNS運用で間違えてプライベートのアカウントに仕事の内容を掲載してしまう
・予約投稿の日時設定を誤って配信。
・サービスのリリース後タグの入れ漏れでAnalyticsの分析が出来ない
・サービス名称を誤って広告掲載。
 

Level3

・広告配信で価格表記を一桁誤る。

・発注忘れで今月分のWeb広告が配信されていない

 

まとめ

失敗から「何を学ぶか」が大事だとつくづく感じます。

そして、意外と重要なのが仕事が出来る先輩ほど「失敗」をチャレンジの証拠と捉えて下さいます。

失敗は成長のチャンスなので、そこから学び、次に活かしていきたいですね。

【インフォグラフィック】デザイン思考における5つのフェーズ

 こんにちは。

インフォグラフィックの4作目を作りました。

今回は、ここ最近勉強している「デザイン思考」の5つのフェーズについてです。

 

f:id:nishiogikubotan:20170813080715p:plain

 

 

今回の学び

意外と、右側に記載している解説の言葉選びに苦戦しました。

見た目の行数だったり、適切なセンテンス、というか。なかなか難しいですね。。

UXライター、という職業をgoogleが募集しているらしいのですが、その意味が分かった気がします。

また、ピンクでかなり淡い印象なので、シャープな設計verも作ってみたいですね。

 

マーケターとして働く上でこれから必要になる能力・スキル

こんにちは。

今回はマーケターとして働く上で、これから必要になってくるであろう能力をまとめました。個人的な見解ですが、現在考えている事を書いていきたいと思います。

f:id:nishiogikubotan:20170731203129p:plain

 

デジタルリテラシー

 

誰もが言うところですが、実際に現場で働いていてつくづく痛感します。

ツールの新機能や新しいサービスなんかが出るのがとにかく早いです。

一度、事業開発をメインで動いていた時期がありました。再度Webも担当するようになり、久しぶりにgoogleAnalytics触ってみたところ、UIの変更は当然ながら新機能が追加されていたりと、感覚を戻すのに少し時間を要しました。

他にも、自分が知っていた常識が塗り替えられていたりと、たかだか数か月にも関わらず前提やルールが変更されていた事に驚きました。

マーケティングに関わらず、キャッチアップの早さは求められそうな気がします。

 

越境力/統合力

職種や他部署を横断して、越境・統合する能力が求められている気がします。

専門職種同士を繋ぎ合わせ、連携を取り、チームで最適な結果を出すのが仕事になると思います。

もちろん、今までもそうでしたが、ここ最近職種の垣根が取り払われている印象があります。

デザイナーがエンジニアリングを学んだり、また逆もあります。

自分の柱を一本持ちつつも、他職種の知識も備えている。そのような人材が増加しています。

自分も「デザイン/クリエイティブ領域」の知識をつけるため、インフォグラフィックを作り始めました。

 

 

インサイト発見力

AIは大量データの統計は得意ですが、人間が持つ本当のニーズ「インサイト」を見つけるにはまだ十分時間が掛かりそうです。

「人間は本当は何を求めるのか?」この問いに答えられるのは、まだ人間であり顧客の立場に立つのもマーケターの仕事ではないでしょうか。

 

最近、仕事をしていてこういうジャンルが求められるようになるんじゃないかなー、と感じた事をまとめました。

あくまで、個人的な見解ですが、少しでも参考になれば嬉しいです。