ベンチャーマーケティング備忘録

ベンチャー企業のマーケティング業務や読書、参加イベントについて書いていきます。インフォグラフィックも作成しているので、定期的に更新していきます。

作ってみたいインフォグラフィックの系統をまとめてみる

こんにちは。

今まで10作ぐらいインフォグラフィックをコツコツ作成して来ました。

振り返りと改めてこれから作成してみたいインフォグラフィックの系統をまとめてみようと思います。

f:id:nishiogikubotan:20170813080715p:plain

 

企業の決算書

企業の決算書を1枚図にして作ってみたいと思っています。

ビジネスモデルの図解と収益のグラフがあればベストで、仕組みの構造を表現してみたいですね。

自分の仕事がマーケターなので、他社の事業構造を理解する意味でも学びが多そうです。

 

比較表

比較図のインフォグラフィックにも興味があります。

現在、MAツールの「mauticとmarketo」で比較表を作成していますが、比較表系はいいコンテンツになりそう。

「情報」って分かりやすくするために「比較」するのはグラフでもよくつかわれますね。

歴史/年表

メディアや商品の歴史を時系列にまとめてインフォグラフィックで作成してみたいと思っています。こちらも汎用性がありそうですね。

ビジネスモデルの進化の歴史とかも面白そうです。

 

本の要約

ポイントを絞り、目次的に作ってみたいと思っています。本は割と好きなので、幅広く伝えるにはこういう方法も選択肢としてありなのではないでしょうか。

 

まとめ

インフォグラフィックは情報を編集して分かりやすくビジュアルで伝える手段として、効果的だと考えています。

これからも地道に作っていきたいですね。

プログラミングと合わせて続けていきます。

ベンチャーのマーケターなら知っておきたいExcelで顧客管理をしていると起こりがちな事3つ

こんにちは。

現在MAツールと合わせてCRMについても検討を進めています。

 

今まではExcelスプレッドシートで管理を行ってきましたが、様々な課題が出てきており、いい加減ツールを導入する動きを取るようになりました。

今回はExcelのみで管理をし続けると起こりがちな課題についてご紹介したいと思います。

 

情報が散らばって管理不能に陥る

一定数の情報まではどうにかスプレッドシートで対応出来ますが、それでもやはり限界はあります。特に営業チームが複数あったりすると、シートも複数にまたがりリストの重複や過去記録の消失は高確率で起こるのではないでしょうか。

退職者からの引き継ぎもままならず、貴重な情報が共有されず、機会損失を生むケースは多いようです。

 

リストの情報が統一されず、煩雑になる

最初の情報設計が上手く機能していないと、「とりあえず列を足して対応」してしまい、どんどんリストが汚くなります。

記入ルールの統一がされていない場合は、名寄せで本当に苦労しますね。

この名寄せは本当に重要です。他のリストと統合しようとした際に半角、全角が異なっていたりするとVlookが使えないので、自分は大変でした。

※ちなみに半角・全角を統一する関数もExcelにはあります。

 

 自分の知らない部分で顧客情報の共有がされている

 マーケターにとって顧客情報は財産です。しかし、リストが統一されていないと営業だけで使用しているリストが存在してしまう可能性もあり得ます。

MAツールで施策を打とうにも状況を把握していないケースが起こったり、打ち手のスピード感が落ちてしまいます。

加えて、メール配信する度にCSVでインポートするのは結構面倒だったりしますよね。

 

まとめ

非常に汎用性が高いツールのExcelスプレッドシートですが顧客管理数が一定を超えると、他ツールを検討したほうがいいのかもしれません。

無料で使えるCRMもあるようですので、今後ご紹介出来ればと思います。

 

 

 

【インフォグラフィック】MauticとMarketoの違いについて

こんにちは。

MAツール比較系のインフォグラフィックを作成してみました。

比較対象は「Mautic」と「Marketo」です。

f:id:nishiogikubotan:20170920185633p:plain

 

感想

情報の比較軸とブランドカラ―の調整に悩みました。あと、どこかにロゴを挿入したかったのですが、位置が上手くいきませんでした。

カラ―も目で確認で出来る範囲で粘りましたが、なかなか難しいですね。

比較系のインフォグラフィックは他にも汎用性がありそうなので、適時作成していこうと思います。

 

【プログラミング】Slackにスプレッドシートの内容を自動投稿してみました

こんにちは。

プログラミングを勉強しようと思い、まずGASからはじめています。

業務に直結したものを作ろうと思い、「Slackにスプレッドシートの内容を自動投稿出来る」ようにしました。

f:id:nishiogikubotan:20170823191745p:plain

 

正直、参考にさせていただいたブログのほぼコピペです。。

とはいえ、自分なりに詰まったポイントもありますので、書いていきたいと思います。

参考にしたブログはこちらです。

www.minemura-coffee.com

※こちらのブログにお世話になったので、参考になったコードは特に転載していません。畏敬の念も込めて、自分なりに詰まった部分を主に書いていきます。

 

Slackの準備

SlackのAPI設定を行います。英語ですと、自分としてはかなり抵抗がありますが、そこは大丈夫です笑

ここでURLのコピーした情報が必要になってくるので、作業が終了するまで一旦画面を開きっぱなしでもいいかもしれませんね。

 

スプレッドシートGoogle Apps Scriptを設定する

スプレッドシートを作成して、投稿したいタブに「Slack投稿用」と名前を変更します。この部分がポイントでこの名前にしないとコピペしたコードから内容を引っ張ってこれないので注意が必要ですね。

 

スプレッドシートのタブから「ツール>スクリプトエディタ」を開きます。

エディタにコードをコピペして、実行するとSlackにシートの内容が投稿されます。

はじめてだと、勝手に認証していいものだろうか、どうだろうか、と思いますが大丈夫です。

 

自動投稿の設定

スプレッドシートのタブ「編集>現在のプロジェクトトリガー」を開きます。

トリガーの追記で、自分の好みの時間帯に投稿されるよう設定します。

時間/日/週/月など様々な時間単位で設定が可能です。

 

当然ですが、自分のSlackに自動化した情報が毎日送られてくるのは新鮮でした。

これがプログラミングか、、と。

 

まとめ

プログラミングを勉強してみて、自動化に至るまでの流れをはじめて書いてみました。今までに書いていた内容とはまた違った難しさがありますね。

あと、これからは自分でも画面キャプチャしたりして分かりやすく書こうと思いました。伝えるってこんなにも難しいんですね。。

だからこそ、知識の定着にもなるわけですが。

 

書いて伝える訓練にもなりそうで、これからが楽しみです。

 

非エンジニアがプログラミングを勉強するために目標を立てる話

こんにちは。

過去に勉強した時に「なんとなく」はじめてしまい挫折してしまいました。

今回もう一度勉強し始めるので今度は目標と計画をさっくり立ててみようと思います。

ちなみに、現状のスキルはこちら。

 

nishiogikubotan.hatenablog.com

 

PCスキルとしては本当に非エンジニア職として一般的ですね。

使用ツールは主にExcelで関数はvlookという驚くぐらい普通です。

 

プログラミングでやりたい事

・業務効率化&自動化

・データ分析

・データビジュアライゼーション

・ランディングページ作成

Webサービス作成

 

上記がプログラミングを通じてやりたい事です。詳しい事を正直知らない部分もありますが、GAS,Python,SQLで何とかなりそうな気がしています。

 

目標

GASの教本を探したのですが、なかなかなく、一旦の目標として下記にて設定しようと思います。

 

社内の業務効率化をGASを用いて出来るようになる

 

現在、Slackにスプレッドシートに自動投稿出来るよう試行錯誤しています。

社内の効率化出来る部分をGASを用いて実現出来るようになりたいですね。

もっと欲を言えば、SQLPythonにも興味がありますが、同時に色々手を出すと混乱しそうなので、一旦はGASに集中しようかと。

 

開発環境不要で低コストで始められるのはやはり大きいので、、。

 

自動化や効率化が実現されたら、こちらのブログでも随時紹介していきます。

【インフォグラフィック】ビジョナリーカンパニー3の衰退の五段階をまとめました

こんにちは。

本の要約をインフォグラフィックで作ってみました。

要約した本は「ビジョナリーカンパニー3衰退の五段階」です。

 

f:id:nishiogikubotan:20170919165727p:plain

 

所感と学び

偉大な企業が衰退するまでの5つのフェーズを時系列で作成しました。

作るアウトプットが作成FMTに左右されてしまっていますね。

シンプルなFMTに無理矢理、作ろうとしているテーマを当てはめてしまったような気がします。余白の使い方って難しいんだなー、と。

 

本の要約系は次回も作成していきたいですね。

過去にプログラミングの勉強で挫折した経験を振り返ってみる

こんにちは。

プログラミングの勉強を始めると決め、現在GASのコードを書いてますが、実は以前挫折した経験があります。今回は「過去にプログラミングの勉強を挫折した話」を書こうと思います。

 

社内研修がきっかけでVBAを学ぶ

約1年前だったと思います。社内研修がきっかけで、VBAを学びました。

研修は全3~4回で講師は社内の先輩。自分で手を動かしながら、学ぶスタイルで座学&実践、という形で研修は進みました。

その後、HTML&CSSの講義があり、そこで挫折した記憶があります。

結果的になし崩しになり、結局VBAも業務で使えず、そのままにしてしまいました。

 

なぜ、挫折したのか?

平たく言うと、業務で使う機会があまりなかった事が原因かもしれません。

「努力」より「習慣」でプログラミングを使う仕組みにしてしまった方がいいと思います。

アウトプットの機会を作らない上に、目標を立てず「なんとなく」で始めてしまった事と「タイミング」も大きかったんでしょうね。。

もちろんプログラミングが出来ると業務の幅も広がるし、効率化にもなるし身になるのは分かっているんですが、当時の自分にはなかなかハードルが高かったですね。

 

自分にとって「継続」は本当に難しく、つくづく自分の怠惰さに呆れます。

日々忙しくさせてもらっているおかげで、時間の捻出が難しい時期もあり、すると自然とやらなくなってしまいました。。

 

どのように改善するのか?

1年振りに再度プログラミングの勉強に励むわけですが、改善方法についても考えました。

 

1,目標を立てる

2,ブログに進捗を書く

 

我ながら呆れるぐらいオーソドックスな勉強法です(笑)。

1,に関してはゴール像の明確化で、「なんとなく勉強」する手法から脱し、2で定期的なアウトプットで知識の定着を目指します。

まずは、GASから地道に書いていきます。